インプラント治療の問題点について

数々のインプラント治療の問題点について、広く調べ立と思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。
しかし、それは正しくありません。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応し立ところの画像は乱れてしまいます。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像がえられないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くすさまじく自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、すべてが同じ構造ではなく、各パーツの構成によって複数のタイプに分類することができるのです。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それの他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯は伴に、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に造られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯造りの治療です。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができるのです。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、イロイロなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。このため、インプラント治療を初めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもちょうどくるのはインプラントです。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。